おすすめダンベル19の提案!欲しいダンベルはここに!タップで読む

【女性・男性それぞれのダンベル重さ選び方】初心者~上級者向け解説

本ページの内容

女性と男性それぞれについて、ダンベルの重さの選び方を解説します!

女性の方はこちらから

男性の方はこちらから

ジムで気軽にダンベルを使って試す方法

ダンベルの種類を4種類解説(別記事)

↑のリンクをTAPで各項目へ!

管理人

初心者~上級者までカバーした内容にしています!

本記事は「初心者でも失敗しないダンベルの選び方完全ガイド」のSTEP4:自分に合う重さを知ろう!についての詳細解説記事です!
STEP1:自分にダンベルが必要か考えよう!
STEP2:ダンベルの種類を知ろう!
STEP3:ダンベルの材質を知ろう!
STEP5:欲しいダンベルを選ぼう!
それぞれの解説記事へはリンクをTAP!

本ページでは、

  • 初心者&運動経験なしもしくはダイエット目的な人
  • 筋トレ経験が1年以上もしくはボディメイク目的で筋トレをしている人

で分けています!

※ダイエットはとにかく痩せたい方

※ボディメイクはバランスよく鍛えたい方

ダンベルを購入しようと考えた時につまずく人が多いポイント

何kgのダンベルを買っていいか分からない

ということですよね?

管理人

何のトレーニングにどれくらいの重さが必要か?とかこれからどれらい重量を増やせるのかとか、よくわからないですもんね。

そんな皆さん、安心してください!

本ページでは、ダンベルのどの重さを選べば良いのかを男女別に解説しています!

このページを読み終えることには、皆さんが何の迷いもなく購入する重量を決められるようになっているよう、丁寧な説明を心掛けました!

そして、ダンベルのオススメな重さを知る前に皆さんにまず知っておいてほしいことは、

体の部位によって扱える重さはかなり異なる(例えば、腕や肩は2kgしか持てない人でも、足や背中は10kgを扱えることが多い)

また、扱える重量はどんどん伸びていく。特に運動未経験者等は初期に伸びやすい

ということで、オススメな重さが最初に重く感じても、鍛える部位によって使えたり、鍛えていくうちに使えるようになりますので、安心してください!

管理人

ちなみに、性別も習熟度も関係なく一度ダンベルを買って、買いなおしたくない人は30kg以上の高機能可変式ダンベルを購入しておくといいですよ!

もちろん、ダンベルを購入する前にジムでダンベルを試してもらうのが一番ですが、ジムの入会金や最低契約月数が気になる方もいらっしゃると思うので、気軽にジムでダンベルを試す方法も紹介します!

管理人

気軽にダンベルを試す方法をチラ見セすると、↓の記事で解説するGYYM(ジーム)を使ってみることです!

▼月会費を払わず都度払いで毎日違うジムへ!▼
新フィットネスサービスGYYM(ジーム)の解説

管理人のプロフィール

▶筋トレ歴5年の29歳会社員

プロパーソナルトレーナーBODYMAKE検定2級合格(現在最高位)

▶BIG3MAX

ベンチプレス:105kg
スクワット:150kg
デッドリフト:160kg

子ども誕生と新型コロナをきっかけにジムを辞め、フレックスベルを購入し家トレマンになりました!
フレックスベルのレビューはこちら

タップ出来る目次

女性の場合のダンベル重さの選び方

女性の場合のダンベル重さの選び方を解説します!

↓最初に目安となるオススメ重量をまとめておきます!

オススメ重量
女性初心者
(ダイエット)
ダイエット目的ならMAX5kgで3個程度
(例1kg、3kg、5kg)
で十分可能!
MAX10kg程度の可変式ダンベルだとなお良い!
女性上級者
(ボディメイク)
ボディメイク目的ならMAX20kg以上の可変式ダンベルがオススメ!
管理人

理由を解説していきます!

女性初心者の場合

女性の筋トレ初心者でダイエット目的の方なら、軽い筋トレが出来る程度の軽い重量(例えばMAX5kg)のダンベルを購入して二の腕や背中の筋トレをしたり、

自重スクワットで下半身、ヒザつき腕立て伏せで胸を鍛えるなど、全身の筋肉を程よく鍛えたのちに有酸素運動をするのがオススメです!

運動経験も筋トレ経験もなければ、↑の軽い筋トレでもかなり負荷がかかるかと思います!

特に自重スクワットはゆっくりしっかり腰を落とせば数回で汗だくです!

管理人

10kg以上のダンベルは負荷が足りないなと感じたら購入を検討してみてもいいかもしれません!

関連記事:【初心者にオススメなダンベル5選】1万円以下のダンベルから紹介!

関連記事:【筋トレにダンベルはいる?いらない?】ダンベルで出来ることは何?

↓女性初心者にオススメなダンベル

女性上級者の場合

女性で筋トレ経験や運動経験があって、ボディメイクを目指している方は20kg以上で可変式ダンベルを選ぶことをオススメします!

重量の可変はなるべく細かい方が良いでしょう!(2kg刻みなど)

最初は重くて扱えなくても、筋トレを続けていると、

腕や肩は5kg前後のダンベル、胸は10kg前後のダンベル、背中は20kg前後のダンベルを扱えるようになります!

管理人

全身を効率よく鍛えたいなら20kg以上で可変式のダンベルを購入しておけば、買いなおしも起こらないのでオススメです!
大会を目指す方は30kg以上を購入しましょう!

↓女性上級者にオススメなダンベル

↑目次へ戻る

男性の場合のダンベル重さの選び方

続いて男性の場合のダンベル重さの選び方を解説します!

↓最初に目安となるオススメ重量をまとめておきます!

オススメ重量
男性初心者
(ダイエット)
ダイエット目的ならMAX20kg程度の可変式ダンベルがオススメ!
男性上級者
(ボディメイク)
ボディメイク目的ならMAX30kg以上の可変式ダンベルがオススメ!
管理人

理由を解説していきます!

男性初心者の場合

男性で筋トレ初心者、ダイエット目的の方は20kg程度の可変式ダンベルを購入しましょう!

20kg⁉絶対持ち上がらない!!

そんな風に思っている方も半年間筋トレを続けてみれば、背中と足のトレーニングなら20kgはほとんどの方が扱えるようになっているでしょう!

半年経てば腕や肩は最初2~3kgでも重く感じますが、5kg前後は扱えますし、

胸などは10~15kg程度は扱えるようになっています!

MAX10kgで購入していると、そのうち物足りない、、、と感じて買いなおしが発生する可能性が高いです!

管理人

男性なら、騙されたと思って20kg以上で購入してみてください!

関連記事:【初心者にオススメなダンベル5選】1万円以下のダンベルから紹介!

関連記事:【筋トレにダンベルはいる?いらない?】ダンベルで出来ることは何?

↓男性初心者にオススメなダンベル

男性上級者の場合

男性で筋トレ経験者、ボディメイクが目的の方30kg以上の可変式ダンベルを購入しましょう!

特にフレックスベルのような高機能可変式ダンベルがオススメです!

30kg以上のダンベルを購入しておけば、一般的なトレーニングジムで出来るダンベルトレーニングはほぼ出来るようになります!

背中も足も十分に鍛えて大きくなることが出来るので、安心してください!

管理人

30kg以上の高機能可変式ダンベルダンベルを購入すれば、ダンベルを買い替える必要は無いので、これ以上のコストはかかりません!

関連記事:【メリット紹介】高機能可変式ダンベルを購入すると得られる5つのこと

関連記事:【高機能ダンベルおすすめ5選!】フレックスベルなどを徹底比較

↓男性上級者にオススメなダンベル

↓タブで切り替えられます♪

↑目次へ戻る

ジムで気軽にダンベルを使って試す方法

ここまでの説明を読んでも、どうしても重さが決められない、、、

という方はジムに行って実際にダンベルを使って決めるのもオススメです!

初心者なら今自分が扱える重さの1.5倍~2倍の重量を目安に購入するといいでしょう!

管理人

でもジムに行くにも、入会金や最低契約月数があったりお金も手間もかかっちゃうよね??とお困りの方!

GYYM(ジーム)という新しいサービスに無料登録すると、選んだジムと契約することなく利用した分だけお金を支払うことでジムを利用できます!

GYYM(ジーム)のサービス概要

○3分で簡単に無料登録出来るジムネットワークサービスで、登録すれば200以上(2022年8月1日現在279件)の提携施設を利用可能!

〇提携施設は一回ごとの都度払いで利用可能

〇利用方法はクレカでチケットを購入して施設を予約

〇週1~2回の利用で月契約よりお得な可能性

月会費や入会金はありません!各ジム毎の登録もありません!

1pt=1円でポイントを購入し、購入したポイントを使ってジムを予約!

○いわゆるマシンジムだけでなく、ヨガやピラティスなど女性に嬉しい施設など、様々なフィットネス施設と提携!

○利用すれば利用するほどポイント還元!最大12%も戻ってくる!

▼GYYM(ジーム)無料会員登録はこちら▼

一回1,000円~ジムを利用してダンベルを試すことが出来ますし、面倒な手続きも必要ないので、

一度ダンベルを試したい方にはとてもオススメなサービスです!

▼月会費を払わず都度払いで毎日違うジムへ!▼
新フィットネスサービスGYYM(ジーム)の解説

↑目次へ戻る

自分に合った重さのダンベルでしっかりトレーニングを!

今回はダンベルの重さの選び方について解説してきました!

女性と男性では選び方が異なりますし、目的によっても変わってくるので参考にしてみてください!

管理人

本サイトでは、ダンベルの選び方やオススメのダンベルについて紹介・解説していますので、他の記事も読んでみてくださいね!

関連記事:【おすすめダンベル19の提案】僕のおすすめNo.1と6つのTOP3

本記事は「初心者でも失敗しないダンベルの選び方完全ガイド」のSTEP4:自分に合う重さを知ろう!についての詳細解説記事でした!
STEP1:自分にダンベルが必要か考えよう!
STEP2:ダンベルの種類を知ろう!
STEP3:ダンベルの材質を知ろう!
STEP5:欲しいダンベルを選ぼう!
それぞれの解説記事へはリンクをTAP!

↑目次へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次へ
一番上へ
タップ出来る目次
閉じる