【新ダンベル情報】まるでフレックスベル40kg超えモデル「プロバーベル」比較レビュー!タップで読む

【初心者が買うべきなダンベル5選】1万円以下のダンベルから紹介!

本記事は「初心者でも失敗しないダンベルの選び方完全ガイド」のSTEP5:欲しいダンベルを選ぼう!についての詳細解説記事です!
STEP1:自分にダンベルが必要か考えよう!
STEP2:ダンベルの種類を知ろう!
STEP3:ダンベルの材質を知ろう!
STEP4:自分に合う重さを知ろう!
それぞれの解説記事へはリンクをTAP!

今回は筋トレ初心者が買うべきなダンベルを1万円以下のダンベルから紹介します。

筋トレを始めよう!ダンベルを初めて買おう!

と考えている人はおそらく、まだまだそんなに筋トレにお金を払えないと思います。

また、どんなダンベルを買っていいか迷っている方も多いかと思います。

管理人

もし高いものを買って使わなかったらどうしよう⁉と考えると良いものと分かっても高いものは………

ということで今回は、

1万円以下で買えるダンベルの中から初心者が買うべきなダンベルを紹介します!

是非参考にしてみてください!

管理人

ダンベルって本当に必要なの?
ダンベルの種類ってどんなのがあるの?ということも解説していきますので、初心者の方は是非読んでいってください!
また、その他のダンベルをみたい方は↓のリンクからお願いします!

【関連記事】欲しいダンベルに出会いたい方必見

【おすすめダンベル19の提案】僕のおすすめNo.1と6つのTOP3

↑リンクをTAPで読めます!

管理人のプロフィール

▶筋トレ歴5年の29歳会社員

プロパーソナルトレーナーBODYMAKE検定2級合格(現在最高位)

▶BIG3MAX

・ベンチプレス:105kg
・スクワット:150kg
・デッドリフト:160kg

▷ダンベル使用歴

・スクリュー式ダンベルを約二年
・フレックスベルの32kgを約一年
・フレックスベルの36kgを約一年
・プロバーベルを最近購入
フレックスベルのレビューはこちら

タップ出来る目次

そもそもダンベルって初心者に必要?

筋トレの初心者さんにとってそもそもの疑問として、家で筋トレするのにダンベルは必要なのか?ということがあるかと思います。

確かに、自重トレーニング(腕立て伏せなど)でも体を鍛えることは出来ますが、

自重トレーニングには以下のデメリットがあるので、出来ればダンベルを購入することをオススメします!

自重トレーニングのデメリット

  • 基本的に負荷を変えることが出来ない
  • 狙った場所を鍛えるのが難しい
  • 自重トレーニングだと鍛えるのが難しい場所がある

ダンベルは違う重さのモノを使えば負荷が変わりますが、自重トレーニングの重りは自分です。

腕立て伏せなら膝をつくくらいの負荷変更は出来ますが、基本的に負荷を変えるのが難しいです。

また、腕や背中を自重トレーニングで鍛える方法はありますが、狙って鍛えるのは初心者には難しいです。

持ち上げるという動作や引っ張るという動作が自重だとどうしても出来ないので、工夫が必要になります。

管理人

ダンベルがあれば、自分が出来る範囲から負荷をかけられますし、腕や背中も十分に鍛えることが出来ます!初心者こそダンベルを購入しましょう!

↑目次へ戻る

ダンベルにはどんな種類がある?

続いて、ダンベルにはどんな種類があるのかを簡単に説明していきます。

大きく分けるとダンベルには以下の3種類があります。

3種のダンベル

  • 固定式ダンベル
  • 可変式ダンベル
  • 高機能可変式ダンベル
管理人

それぞれ解説します!

固定式ダンベル

固定式ダンベルというのは、一つのダンベルにつき一つの重さに固定されているもののことです。

一般的なトレーニングジムに置かれているダンベルはこの固定式ダンベルです。(↓の画像のように重さ毎に数多く準備されていますよね?)

重さを変えたいときにはダンベルを持ち帰るだけなので、一番快適なトレーニングが出来ますが、

家に一式購入するには、場所もお金もかなり使うので覚悟していてください。

管理人

5kgくらいまでの購入はオススメしますが、20kg以上を揃えるのは家トレではオススメしません!

可変式ダンベル

可変式ダンベルは、固定式ダンベルと比較されているのでお分かりかもしれませんが、

ダンベルの重さを変えることが出来るタイプのダンベルです!

初心者には一番オススメです!

スクリューを回して取り外し、プレートを着脱することで重さを変えることが出来ます。

固定式ダンベルと比較して場所も取りづらいですし、価格も安いのが特徴です。

重さを変えるのは面倒くさいですが、家で購入するなら第一候補かなと思います!

管理人

この後に紹介しますが、1万円以下でも十分トレーニングが可能なものがありますよ!

高機能可変式ダンベル

最後に紹介するのは、高機能可変ダンベルです。

上で紹介した可変式ダンベルはスクリューを回すという手間がかなり面倒くさく、

重さを変えるのに数十秒から1分くらいかかってしまいます。

また重さを自分で計算しながらダンベルを作っていく必要がありますが、

フレックスベルに代表される高機能可変式ダンベルはその面倒くさい部分を無くしたダンベルです!

関連記事:【メリット紹介】高機能可変式ダンベルを購入すると得られる5つのこと

関連記事:【フレックスベルのメリット&デメリット】スクリュー式との比較

場所も取らず、家での筋トレには最適ではありますが、価格は数万円なので初心者にはお財布的にオススメできない部分もあります。

管理人

今後、ダンベルを買い替えたくない!という人なら高機能可変式ダンベルを購入するのもいいかもしれません!

↑目次へ戻る

【1万円以下】初心者が買うべきなダンベル5選!

それでは、お待ちかねの初心者が買うべきなダンベルを紹介していきます!

管理人

手軽に買えて機能性も高いものを厳選して紹介していますので、ダンベルを選ぶときの参考にしてみてください!

↑目次へ戻る

【女性にオススメ】BODY SCULPTURE

↑画像をTAPでAmazonの商品ページにとびます。

BODY SCULPTUREのダンベル情報

  • ダンベルの種類:固定式ダンベル
  • ダンベルの材質:セメント+PPコーティング
  • ダンベルの重さ:1kg・3kg・5kgのセット
  • 参考価格(変動あり):4,900円

見た目がカラフルでかわいいダンベルタワータイプの固定式ダンベルです!

1,5kg、3kg、5kgのダンベルが2個ずつセットになっていて、二の腕痩せ・背中痩せに使いやすく、実用性も抜群です!

レビューを見てみると、変な臭いもないというものも多いのがうれしいですね!

外側はプラスチックで覆われているので、床を傷つけたり金属音が鳴ったりしません!

管理人

タワーになっていてスペースも取らないのがポイントですね!

活用法①:1.5kgのダンベルでフレンチプレスを行うことで二の腕を引き締め

管理人

コツは肘を動かさないように、肘から先だけを動かすようにすることです!動きはゆっくりやりましょう!

活用法②:3kgか5kgでダンベルローイングで背中痩せ

管理人

コツは肩を縮めないように、腰と腕の中間あたりに背中を使って引くようなイメージです!

活用法③:1.5kgでサイドレイズで肩痩せ

管理人

コツは肩を縮めないように、ゆっくり上げることで、肘は緩く曲げる程度が肘を痛めづらいのでオススメです!

↑目次へ戻る

バーベルにもなるダンベル

↑画像をTAPでAmazonの商品ページにとびます。

Woutのダンベル情報

  • ダンベルの種類:可変式ダンベル
  • ダンベルの材質:セメント+PEコーティング
  • ダンベルの重さ:MAX20kg、10kg、5kg(片手)
  • 参考価格(変動あり):4,000円~9,000円(重量によって異なる)

続いて紹介するのは、ダンベルでもありながらバーベルにもなるタイプの可変式ダンベルです!

なんと、片手20kgで購入しても1万円を切ってくるというような高コスパです!

男性の初心者が体を鍛えたいというときにまず一番オススメしたいダンベルです!

ダンベルだと安定しないトレーニングでもバーベルなら安定してすることが出来るので目的毎に使い方を変えてみてください!

管理人

最初は20kgを扱うのは難しくても、一年間鍛えればほとんどの方は扱えるようになってきますよ!

このタイプのダンベルはいくつかありますが、一番有名で実績があるのは↓に紹介しているwoutのモノです!

管理人

角があるので転がらないですし、やっぱり実績があるのはうれしいですね!

↑目次へ戻る

軽量可変式ダンベル

↑画像をTAPで楽天市場の商品ページにとびます。

軽量可変式ダンベルのダンベル情報

  • ダンベルの種類:可変式ダンベル
  • ダンベルの材質:ラバーコーティング
  • ダンベルの重さ:1~2kgの0.5kg刻み可変
  • 参考価格(変動あり):2,300円

続いても女性の初心者にオススメなダンベルで、正直筋トレというよりは

室内で映像を見ながらダンスなどをしてダイエットに励みたい方にオススメな軽量の可変式ダンベルです!

大体MAX1~2kgでその間を数段階重さを変えることが出来ます!

ダンベルを持ったまま、ダンスに励むとびっくりするくらいエネルギーを消費します!

管理人

汗で滑って吹き飛ばさないように注意してくださいね!

↑目次へ戻る

FED

↑画像をTAPでAmazonの商品ページにとびます。

FEDのダンベル情報

  • ダンベルの種類:可変式ダンベル
  • ダンベルの材質:セメント+PEコーティング
  • ダンベルの重さ:MAX15kg、10kg(片手)
  • 参考価格(変動あり):7,980円~9,980円(重量によって異なる)

続いて、ダンベルでありながら、バーベル、ケトルベル、プッシュバーなど7種類のトレーニング器具としても使える、FEDのダンベルです!

ショップによっては1万円を超えるのはちょっとご了承いただきたいですが、とてもコスパのいいダンベルです!

例えば、ケトルベルなら両手でつかんで持ち上げるという動作をとてもやりやすいので、太もものトレーニングやお尻のトレーニングをやりやすいです!

全身を鍛えたい方には特におすすめのダンベルですので、是非検討してみたください!

管理人

これさえあれば、他のトレーニング器具を買う必要がないですからね!コスパは最強です!

↑目次へ戻る

番外編:メタルダンベル

↑画像をTAPで楽天市場の商品ページにとびます。

メタルダンベルのダンベル情報

  • ダンベルの種類:高機能可変式ダンベル
  • ダンベルの材質:鉄+クロムメッキ
  • ダンベルの重さ:32kg(1kg刻み30段階)
  • 参考価格(変動あり):59,800円

最後に紹介するのは、全く1万円以内ではない番外編です!(笑)

紹介するのは、メタルダンベルという高機能可変式ダンベルなのですが、

なんと3~32kgの範囲で1kg刻み30段階の重量変更が可能です!

またフレーム部分があるので、ケトルベル的な扱いも出来ます!

初心者の方にはちょっと高いですが、これを買っておけば数年間はダンベルを買い替えたりする必要はないほどなんでもできるダンベルです!

管理人

管理人が知る限り最も細かく重量変更することが出来て、機能性の高いダンベルです!

関連記事:【1kg刻みの凄さ】メタルダンベルとフレックスベルを比較!

↑目次へ戻る

自分に合うダンベルで楽しい筋トレライフを!

筋トレ初心者の方は、どんなダンベルを買っていいのか迷いがちだと思うので、

今回紹介したダンベルを参考にしていただければ幸いです!

筋トレはやればやるほど成果が出て、とても楽しいです!

オススメな趣味なので是非楽しんでください!

管理人

素敵な筋トレライフをお過ごしください!

【関連記事】欲しいダンベルに出会いたい方必見

【おすすめダンベル19の提案】僕のおすすめNo.1と6つのTOP3

↑リンクをTAPで読めます!

↑目次へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップ出来る目次