おすすめダンベル19の提案!欲しいダンベルはここに!タップで読む

【なぜ?】ダンベル購入の決め手&フレックスベル購入の決め手を紹介

今回は、元々ジムに通っていた管理人がダンベルを購入することにした決め手

数あるダンベルの中からフレックスベルを選んだ決め手を紹介します!

ダンベルを購入したいけど、お金がかかるしイマイチ決め手に欠ける…

ダンベルの種類が多すぎて決められない…

というようにダンベルを買いたいという気持ちはあっても中々踏み出せない人の参考になればと思います!

管理人

僕も色々と考えてダンベルの購入を決めて、フレックスベルを選んだので、皆さんの参考になればと思います!

管理人のプロフィール

▶筋トレ歴5年の29歳会社員

プロパーソナルトレーナーBODYMAKE検定2級合格(現在最高位)

▶BIG3MAX

ベンチプレス:105kg
スクワット:150kg
デッドリフト:160kg

子ども誕生と新型コロナをきっかけにジムを辞め、フレックスベルを購入し家トレマンになりました!
フレックスベルのレビューはこちら

タップ出来る目次

ジム通いを辞めてダンベルを購入した決め手

管理人の僕はダンベルを購入する前は約3年間毎週数回ジムに通っていました!

それから、ジム通いを辞めてダンベルを購入して家でトレーニングをすることに決めました。

管理人

その決め手となった理由は主に以下の3つです。

ジム通いを辞めてダンベルを購入した決め手

  • 結婚して子どもが生まれた
  • 金銭的なメリットを感じた
  • 新型コロナウイルスのまん延
管理人

それぞれについて解説していきます!

↑目次へ戻る

結婚して子どもが生まれた

一番のきっかけは僕が結婚して子どもが生まれたことです。

ジムに通っていると、ジムに行っている間は外出していて家族に何かあった時にすぐ対応できません。

筋トレという趣味を続けつつ、家族時間を出来る限り増やそうと考えた時にダンベルを購入して、家でトレーニングをするのが一番良いという決め手となりました!

管理人

なるべく家にいる時間を増やしたいと考えた時にダンベルを購入するのが間違いなく効果的だと考えました!
子どもがいる場合には安全性も考えましょうね!

↑目次へ戻る

金銭的なメリットを感じた

ジムに通っていると、月の会費がかかってきます。

大体月に1万円くらいかかってしまうんですけど、これはジムと契約し続ける限り払い続けることになります。

しかも、忙しくてジムに行けない時も会費はかかってしまいます。

管理人

筋トレって基本的に数年間、最長では人生中続ける趣味なので、その間ジムの会費を払い続けるのはもったいないと感じたんです。
子どもを育てている間はそんな暇もないですしね。

一方、ダンベルを購入して家でトレーニングを出来るようにしておくと、最初にお金はかかりますが継続的にお金がかかることはありません。

例え、ダンベルなどのホームジムの初期費用に10万円かけても、1年間で元が取れてしまうという計算になります。

管理人

月1万円でも年間12万円ですからね!
長く続けるなら家でトレーニングを出来るようにしておくと経済的にメリットがあると感じたので、家で十分トレーニングを出来るようなダンベルを購入しました!

↑目次へ戻る

新型コロナウイルスのまん延

最後に、これはたまたまではあるんですが2020年上旬に新型コロナウイルスがまん延し始めました。

それを期にスポーツジムのような人が集まる場所に行く気はとても無くなり、トレーニング中にマスクを着用することにも不快感があり、

スポーツジムに行く気は徐々に失われてしまいました!

管理人

これは、恐らく同じ感覚の人も多いかと思います!
そして、ホームジムの快適さにそのまま継続している人も多いかと思います!

結果、家にダンベルを購入することにしました!

↑目次へ戻る

数あるダンベルの中でフレックスベルを選んだ決め手

ここまでの説明で、ジムを辞めてダンベルを購入した決め手・理由については分かっていただけたかと思います!

次は、そのダンベルとしてフレックスベルを選んだ決め手を紹介します!

管理人

フレックスベルを購入して後悔は全くありません!値段は高いですけどね!

フレックスベルを購入した決め手

  • フレックスベルには欠点が圧倒的に少ない
  • 見た目がかっこいい
  • 妻の感触も良かった

↑目次へ戻る

フレックスベルには欠点が圧倒的に少ない

筋トレは長い間続けるので、ダンベルに小さい不満点があったとしても積み重ねで大きいストレスになりかねないので、欠点の少ないダンベルを選んだ方が良い!

というのが持論です!

ダンベルを選ぶときに欠点を考えた時にフレックスベルが圧倒的に少なかったというのが選んだ決め手です!

管理人

他のダンベルには例えば以下のような欠点があります。

スクリュー式ダンベルの欠点

  • 重量変更に時間がかかる
  • オンザニーで膝に軸が刺さる
  • 重りが散らかりやすい

ダイヤル式ダンベルの欠点

  • 重さによって長さが変わらない
  • 重りが外れやすい

ブロック式ダンベルの欠点

  • ピンが折れる可能性がある
  • 重心が偏っている
管理人

他のダンベルの詳しい情報を知りたい方は↓の記事でまとめているので読んでみてください!

一方、フレックスベルの欠点は強いて言うと、

・価格が高い

・最高重量が軽い

という点くらいでしたが、最高重量も36kgモデルが出たことによってある程度解消されました!

管理人

価格の面は何も変わらないんですけどね、、、

↑目次へ戻る

見た目がかっこいい

そして、トレーニングのモチベーションを上げるために実は重要なダンベルの見た目!

フレックスベルはその見た目がとてもかっこいいんです!

管理人

機能だけでなく、見た目がかっこいい!というのはダンベル購入をする上で重要な決め手となりました!

↑目次へ戻る

妻の感触も良かった

ダンベルを購入する時に、家族がいる時には家族の許可も必要になるかと思いますが、

フレックスベルは妻からの感触も良かったのが決め手となりました!

管理人

見た目が良かったり、散らからなかったり、むしろ自分も使いたいくらいに好感触でした!
まあ、使うのは僕だけですけど、、、

↑目次へ戻る

【まとめ】ダンベル購入・フレックスベル購入に後悔はありません!

最後にもう一度、僕がダンベルを購入する決め手となったことと、フレックスベル購入の決め手となったことをまとめておきます!

ジム通いを辞めてダンベルを購入した決め手

  • 結婚して子どもが生まれた
  • 金銭的なメリットを感じた
  • 新型コロナウイルスのまん延

フレックスベルを購入した決め手

  • フレックスベルには欠点が圧倒的に少ない
  • 見た目がかっこいい
  • 妻の感触も良かった
管理人

筋トレを長く続けるならダンベル購入はオススメですし、フレックスベルを購入しておくと、ストレスなくトレーニングが出来て最高です!
僕は後悔は全くありません!

皆さんも今回の僕の決め手を読んで参考になればうれしいです!

↑目次へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップ出来る目次