おすすめダンベル19の提案!欲しいダンベルはここに!タップで読む

【フレックスベル36kgへの買替レビュー】32kgとの違いを解説

本ページの内容

新型フレックスベル32kgから36kgに買い替えた管理人が

・フレックスベル36kgへの買替えレビュー

32kgと36kgの違い

・高くても36kgをオススメする理由

・フレックスベル以外のオススメダンベル

を紹介します!(↑のリンクをTAPで各項目までとびます!)

こんにちは、管理人のふくすけです。今回はフレックスベル36kgについての話題です。

2021年12月、「株式会社ライシン」(https://www.lysin.jp/)様より待望のフレックスベル36kgモデルが発売されました。

これまでフレックスベルの最大重量が32kgであることが欠点でしたが、それを解消する36kgの登場に、値段の差もかなりあるとはいえ32kgと36kgどっちを買うか迷っている人も多いんじゃないでしょうか?

私も迷っていた一人ですが我慢できず、

フレックスベル36kgを購入しました!!

55cm×30×30くらいの箱が2つ届きます!
管理人

相当迷ったんですけどね、32kgは知人に譲って購入しちゃいました!結果としては大満足中です!

今回はフレックスベルの32kgと36kgを両方している私が、

フレックスベル36kgのレビューとともに32kgと36kgの違いについて解説します!

管理人

買い替えた結果、他の人にオススメするなら36kgのものだと思ったので、その理由も紹介します!

管理人のプロフィール

▶筋トレ歴5年の29歳会社員

▷BIG3MAX

ベンチプレス:105kg
スクワット:150kg
デッドリフト:160kg

子ども誕生と新型コロナをきっかけにジムを辞め、フレックスベル32kgを購入し家トレマンになりました!
フレックスベルのレビューはこちら

さらに、2022年2月にフレックスベルを36kgに買い替え!

タップ出来る目次

フレックスベル36kgへの買替レビュー

早速ですが、フレックスベル36kgについてレビューしていきます!

フレックスベルのトレーニングでの使い心地は

  • 重量変更が一瞬
  • 重量に応じて長さが変わる
  • 側面が平なのでオンザニーがしやすい

と、もちろん最高でした!

今回詳しく紹介するのは、フレックスベルを32kgから買い替えているのでその視点でのレビューになります。ご了承ください!

管理人

フレックスベルについての基本的なレビューや感想は別記事で詳しく紹介しているので、気になる方はそちらも読んでみてください!

関連記事:フレックスベルのレビューと安く買う方法

↑目次へ戻る

フレックスベルを縦にした時のガチャガチャ音が少ない!

重り同士ハマりこんで固定されている

フレックスベル36kgを使ってみて直ぐに感じたのは、

32kgと比べて音が少ない!

ということでした!

フレックスベルは↑の写真のように重り同士がはまり込んで固定されているのですが、重り同士は少しだけ隙間が空いています!

その隙間のせいで、フレックスベルを縦にするトレーニング(ハンマーカールなど)をする時には、ガチャガチャと音がするんですが、32kgと比べて36kgの方が重りと重りの隙間がみっちり詰まっているため、音が少ないです!

ガチャガチャ音がしないのは管理人的にはかなり嬉しいです!

ただ、そのせいで若干土台に戻すのも気を使うようになった気もします!

管理人

はじめて36kgを使ったときには、これもはや無音じゃん!とテンションが上がったことを覚えています!
土台に戻しにくくなったのは本当に若干なので、私としては音が少なくなったことの嬉しさが勝りましたね!

↑目次へ戻る

土台に重りが装着されずに届く!

届いた時はこんな感じ!

確かフレックスベル32kgを購入した時には、既に土台に重りがセットされた状態で届いたので、箱から出してそのまま使えたんですが、

36kgは土台と重りが分かれた状態で届きました!

管理人

自分で重りを土台に装着しないといけないんですけど、それなりに面倒くさいですし、何より危ないんですよね。

また、自分で重りを土台に装着する時には注意点があります!

重りは一番外側とそれ以外で形状が違います!(一番内側も違いますが、持ち手に最初から装着されているので間違えないと思います!)

一番外側の重り、突起がない
それ以外の重り、外に突起がある

この作業は最初の開封時にするだけなので、フレックスベルをトレーニングに使う時には特に問題はないです!

管理人

重りを土台に装着したままだと、傷がつきやすいなど配送時のトラブルが増えるなどの理由は考えられますが、32kgを経験しているとちょっと面倒でした……

使い方の説明書が入っている!

注意事項や使い方が書いています!

これも確か32kgの時には入ってなかった(忘れただけかも、、、)と思うんですが、

初めての購入者用に説明書が入っています!

注意事項や説明書はしっかり読んで使いましょう!

誤った使用方法で怪我や破損をしても保証はされない可能性が高いです!

管理人

一番やりがちなミスは、中途半端にダイヤルが回った状態で持ち上げてしまうことですね!重りが落ちて怪我や破損の原因になります!決まった使用方法で正しく使いましょう!

関連記事:フレックスベルの保証について解説

32kgと36kgの違い

続いてフレックスベルの32kgと36kgモデルの違いについて紹介していきます!

管理人

音が小さいという点もありましたけどその他も若干変わっています!

フレックスベル32kgと36kgの違い
  • 最大重量が32→36kgにアップ!
  • 最小重量も2→3kgにアップ……
  • 重りの径が数ミリ大きくなった!
  • 9→12kg、18→21kg、27→30kgの重量変更だけ3kg刻み

最大重量が36kgにアップしたのはましたが、最小重量も2kgから3kgにアップしました。

これはどちらかというとマイナスなポイントかもしれません……

管理人

2kgから扱うことをスタートするトレーニングもありますからね、特に女性の方は少し残念かもしれません。

サイズに関しては、多少重りの径が大きくなったようですが気になるほどでもないかなと思います!

そして重量変更幅についてですが、

引用元:株式会社ライシン様公式サイトより

販売店である株式会社ライシン様より画像を拝借する許可をいただきました。

画像の通り、9kg⇒12kg・18kg⇒21kg・27kg⇒30kgの3か所は3kg刻みとなりました!

管理人

最大重量を36kgに向上させるための工夫ではありますが32kgのものはすべて2kg刻みでの重量変更だったので、ここはマイナスポイントではありますね……実際に使っている分には全く違和感ないのですが、購入の際にはこの点は頭に入れておいてください!

↑目次へ戻る

高くても36kgをオススメする理由

実際にフレックスベルの32kgから36kgに買い替えた私ですが、どちらをオススメするかと言われれば

断然36kgをオススメします!

理由をいくつか説明します!

管理人

簡単に言うと、36kgモデルを購入する方がすっきりとした気持ちでトレーニングできるし、損もしにくいからという理由です!

購入後の後悔が少ない

おそらく32kgと36kgどちらを買うか迷っている人は本音では36kgが欲しいんだと思います!

ですが、価格の差もありますし32kgでも十分トレーニングはできそうだし……

と、モヤモヤしている最中でしょう。

そのモヤモヤは36kgを買わないと解消できません!

もう断言します!その状態で32kgを購入しても、

やっぱり36kgの方がよかったかな……あっあの人は36kg買ってる!Youtubeで36kgのレビュー動画見ようかな……

こんな後悔の状態が確実に続きます!

管理人

逆に36kgを購入すれば、36kgでのデッドリフトは32kgじゃできなかったんだもんな!と、自分のモチベを上げることにつながります!

36kgモデルの方が価格が下がりにくい

基本的にダンベルは壊れていなければ中古でも価格が下がりにくいので、買って使わなければ売ってしまえるので損はしにくいものです!

その中でもフレックスベルの36kgモデルは32kgモデルと比較しても価格は下がりにくいと考えられます!

なぜなら、

フレックスベルの36kgモデルは株式会社ライシンただ一社での独占販売だからです!

管理人

株式会社ライシン様が値下げをしない限りは36kgモデルの市場価値は下がらないので、中古になった時の価値も下がりにくいです!
株式会社ライシン様ではフレックスベルの販売元NUO社と独占契約を結んでいるようですよ!

一方、32kgモデルに関しては正規販売店と呼ばれる販売店がいくつかあります!

実際に32kgモデルでは価格競争が起こり、一番安い時には定価より約1万円安く販売されることもありました!

関連記事:フレックスベルの正規販売店

管理人

欲しいものを使って、すっきりしたトレーニングをするのをオススメしますし、もし使わなくなっても高く売れるので損もしません!
なので私は36kgモデルをオススメします!

↑目次へ戻る

どうしても価格が気になればその他のダンベルもアリ

本サイトではフレックスベルの36kgをオススメしていますが、世の中にダンベルはフレックスベルだけではありません。

他にもオススメできるダンベルはいくつかあります!

管理人

フレックスベルよりも安価で性能も悪くないものをいくつか紹介しておきます!

関連記事:フレックスベルなど高機能可変式ダンベルを比較!

【驚異の1kg刻み】メタルダンベル

最近「株式会社ライシン」様より新発売されたのがメタルダンベル。

主な特徴は以下の通りです!

  • グリップを回すだけで3kg~32kgまで1kg刻み、30段階の重量変更
  • 重りがトレーニング中でも回転する
  • フレームが付いており、ケトルベル的な使用も可能
  • グリップがラバー製なので手が痛くなりづらいが、少し太い
管理人

何と言っても1kg刻みで重量変更できるというのは言えようダンベルでは最高のスペックですね!そして、おもりが回転するのも面白い特徴です!

関連記事:メタルダンベルとフレックスベルを比較!

【違いは形だけ!?】ハイガーアルティメット

こちらのハイガーアルティメットも最近「ハイガー産業」様より新発売されました!

上の画像を見てもらっても分かる通り、フレックスベルと多くの共通点があります!

  • 見た目がとにかく激似!
  • 最大重量が同じ36kg
  • 重量変更方法がグリップを回す同じ方法
  • 重量変更可能段階が同じ16段階
  • 色が両方黒とシルバー基調
管理人

フレックスベルと購入を迷う場合は見た目で決めるのもありかもしれません!また、期間限定で現在36kg両手で55,000円で販売されているので、買うなら今ですね!(楽天市場とYahooショッピングのみ)

関連記事:フレックスベルのコピー品と思われるダンベルが発売!

↑目次へ戻る

フレックスベル36kgが欲しい方は株式会社ライシン様で購入を!

ここまで紹介・オススメしてきたフレックスベル36kgですが、

株式会社ライシン様での独占販売となっています!

ですので、欲しい方は株式会社ライシン様より購入してください!

管理人

ちなみに、本サイトに貼られている商品リンクはすべて株式会社ライシン様のECサイト(Amazonや楽天市場)につながっていますので安心して下さい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次へ
一番上へ
タップ出来る目次
閉じる