おすすめダンベル19の提案!欲しいダンベルはここに!タップで読む

【後悔した話】初めてダンベルを買ったときの失敗とそこから得た学び

今回は、普段ダンベルについて紹介している管理人が筋トレ初心者のころ、初めてダンベルを買ったときの失敗とそこから得た学びについて解説していきます。

管理人

初めてダンベルを買ったときに後悔した話をお伝えします!皆さんは失敗しないように参考にしてみてくださいね!

ちなみに、僕が初めて買ったダンベルは
・スクリュー式の可変式ダンベル
・最大10kg
・片手分1個だけ

でした!

今はフレックスベルという高機能可変式ダンベルを使用しています!

僕が初めてダンベルを買ったときの失敗

  • スクリュー式の使い勝手が悪かった
  • 10kgだと全然重量が足りなかった
  • 1個だけだと使い勝手が悪かった
  • 思っていたより散らかった
管理人のプロフィール

▶筋トレ歴5年の29歳会社員

プロパーソナルトレーナーBODYMAKE検定2級合格(現在最高位)

▶BIG3MAX

ベンチプレス:105kg
スクワット:150kg
デッドリフト:160kg

子ども誕生と新型コロナをきっかけにジムを辞め、フレックスベルを購入し家トレマンになりました!
フレックスベルのレビューはこちら

タップ出来る目次

【後悔した話】初めてダンベルを買ったときの失敗

早速ですが、初めてダンベルを買ったときの失敗をいくつか紹介していきます!

管理人

結構多くの人がする失敗だと思いますので、読んでみてくださいね!

僕が初めてダンベルを買ったときの失敗

  • スクリュー式の使い勝手が悪かった
  • 10kgだと全然重量が足りなかった
  • 1個だけだと使い勝手が悪かった
  • 思っていたより散らかった

↑目次へ戻る

スクリュー式の使い勝手が悪かった

初めてダンベルを買うということで、最もイメージが付きやすいスクリュー式のダンベルを買ったのですが、思ったよりも使い勝手が悪かったんです。

というのも、スクリュー式のダンベルは重量を変更できる可変式ダンベルですが、重量を変更するのにスクリューを回して重りを付け替える必要があるので、手間が多いんです!

管理人

トレーニング毎に重量を変更するのが面倒くさくなってきて、トレーニング自体を始めること自体が面倒くさくなってしまうんです。

結果、トレーニングが継続出来ないというあまり良くない結果となってしまいました。

↑目次へ戻る

10kgだと全然重量が足りなかった

初めてダンベルを買うので、重量も良くわからなかったのでお米の10kgを想像しながら

十分でしょ!

と10kgのダンベルを買いました!

結果は残念ながら、全然重量が足りませんでした………

管理人

腕と肩くらいなら鍛えられるんですけど、背中や胸、足などの大きい筋肉となると、全然重さが足りないんです。

せっかくダンベルを買ったというのに、重りが足りないということで体が十分に鍛えられないという結果はとても残念でした。

そしてダンベルを買い替えるということに………

↑目次へ戻る

1個だけだと使い勝手が悪かった

お金がかかるのも気になっていたので、ダンベルを持ち替えて筋トレすれば問題ないだろうとダンベルを1個だけ買いました。

しかしかなり使い勝手が悪く、トレーニング中のバランスも取り辛いことからトレーニングの効率は上がりませんでした。

管理人

次にダンベルを買うときには両手分買わないといけないと切に思いましたよ………
特にバランスを崩しがちになるのはトレーニングとしては致命的です。皆さんがトレーニングをする際には両手でやりましょう!

↑目次へ戻る

思っていたより散らかった

重量を軽いものに変更する時には重りを外しておかなければいけませんが、

外した後の重りが意外と場所を取ります。

僕が思っていたよりは散らかってしまったんです。

また持ち運ぶのも少し面倒なので、置き場所を移動する時にもこまりました。

管理人

ダンベルだけでなく、重りやその他のパーツの置き場所が必要なことに頭が回っていなかったんですね。

↑目次へ戻る

ダンベル購入に失敗して得た学び

ここまで紹介してきたように、僕は初めてダンベルを買ったときに多くの失敗をしています。

この失敗で得た学びを紹介しておきます。

①:ダンベルの機能性が高くないとトレーニングが続かない

ダンベルの重量を素早く変更できるなど、機能性が高くないと面倒くさくなってトレーニングが継続できないということになりかねません。

自宅で本格的なトレーニングをする時には、高機能なダンベルを買うことが良いことを学びました。

関連記事:【高機能ダンベルおすすめ5選!】フレックスベルなどを徹底比較

②:全身を鍛えるには幅広い重量変更が必要

最初ダンベルを買うときには、鍛えたい部位毎に違う重量が必要なことがわかっていませんでした。

しかし、実際は一人の全身を鍛えたいなら幅広い重量設定が必要で事が分かりました。

重量変更は細かく、そして広い方が良いのは間違いないです!

関連記事:【1kg刻みの凄さ】メタルダンベルとフレックスベルを比較!

③:ケチって1個だけ買うのはやめた方が良い

皆さんもおそらく初めてダンベルを買うときには頭にちらつくかと思いますが、お金をケチって1個だけ買うのはオススメしません!

バランスが悪い、持ち替えてトレーニングをするのに時間がかかるなど、良いことはありません!

④外した重りやパーツについても置き場所を考えた方が良い

ダンベルを購入する時には、重りやパーツを置く場所を考えておかないと家の中が思っていたよりも散らかってしまったり、持ち運ぶときに困ってしまったりします。

家の中の環境を維持するためにもよく考えておく方が良いでしょう!

関連記事:【フレックスベルのメリット&デメリット】スクリュー式との比較

管理人

僕は失敗したんですけど、皆さんは失敗しないようにダンベルを購入してみてください!
失敗しないダンベルの選び方は↓で解説しているので、是非こちらも読んでみてください!

↑目次へ戻る

失敗した僕が後に購入して満足しているダンベルを紹介します

僕が今回紹介している、初めてダンベルを買ったときの失敗・後悔は以下の通りです。

僕が初めてダンベルを買ったときの失敗

  • スクリュー式の使い勝手が悪かった
  • 10kgだと全然重量が足りなかった
  • 1個だけだと使い勝手が悪かった
  • 思っていたより散らかった

これらの失敗から得た学びをすべて満たせるダンベルを僕は今使用しています。それが、

フレックスベル

です。

フレックスベルの特徴

  • 土台に戻してグリップを回すことで数秒で重量を変更できる
  • 3kg~36kgの16段階の重量変更ができる
  • 重りが土台に収まっていてコンパクト
管理人

もちろん2つでの販売もありますし、僕の失敗を完全に払拭できるダンベルでした。
価格は高いですが、オススメですよ!
もっと詳しい解説を読みたい方は↓の記事を読んでみてください!

↑目次へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップ出来る目次