【GYYM】無料会員登録で都度払いでジム通いタップで読む

【初心者向けのしっかり解説】フレックスベルのすべてを知れます!

お知らせ:都度払いでジム通いが出来る新サービス【GYYM(ジーム)】を利用してみませんか?

関連記事:【GYYMの口コミ】月会費・入会金無し&都度払いでジムを利用!

\ 無料会員登録で毎日違うジムへ!/

本記事の内容

筋トレ初心者向けに、フレックスベルがどんなダンベルなのか

・フレックスベルのダンベルとしての特徴

・フレックスベルの種類

・お得で損をしない購入方法

・フレックスベル以外の選択肢

などなど、しっかり解説します!(↑をTAPで各項目までとびます!)

こんにちは、管理人のふくすけです!

私が1年半ほど愛用しているフレックスベルですが、筋トレに興味を持ち始めた方や家トレを始めたい方はかなり気になっているのではないかと思います!

本ページでは、改めてフレックスベルというダンベルがどんな特徴を持っているのかを解説します!

加えて、フレックスベルは現在5種類ありますので、それぞれ解説するとともに、どれを買えばいいのかも解説します!

管理人

最後にフレックスベルをお得に購入する方法も紹介しているので是非参考になればと思います!

関連記事:フレックスベルのレビューと安く買う方法

管理人のプロフィール

▶筋トレ歴4年の29歳会社員

▷BIG3MAX

ベンチプレス:105kg

スクワット:150kg

デッドリフト:160kg

「子ども誕生と新型コロナをきっかけにジムを辞め、新型フレックスベル32kgを購入し家トレマンになりました!」

2022年2月にフレックスベル32kgを友人に格安で譲り、36kgを購入!

タップ出来る目次

フレックスベルのダンベルとしての特徴

※本ブログで使用されている写真は管理人が愛用する32kgの新型フレックスベルです!

フレックスベルのダンベルとしての特徴は以下の通りです!

フレックスベルのダンベルとしての特徴

  1. フレックスベル1本でダンベル16本分の価値
  2. BOXティッシュとの比較で分かるコンパクトさ
  3. 重量変更が素早くできる
  4. 重量に応じて長さが変わる
  5. 床に置いたときに転がりづらい
  6. 側面が平なので膝に置きやすい
  7. グリップはストレートで滑り止め付き、そして若干太い
  8. 【デメリット】重心が中心ではなく、おもりやグリップは回らない
管理人

それぞれの特徴について解説していきます!

フレックスベル1本でダンベル16本分の価値

「ライシン」公式サイトより(https://www.lysin.jp/shopdetail/000000000316/)

実はお金や設置スペースを考えなければ、↑のようなジムに置いてある重量固定のダンベルがトレーニングに一番役立ちます!

しかし、普通の家庭だとたくさんのダンベルを揃えるのは困難…….そこで

フレックスベルでは2kg~最大36kgまで16段階の重量変更が可能です!

管理人

重量変更幅もほぼ2kgと細かいし、フレックスベル1本にダンベル16本分の価値があると言っても過言じゃないですね!

もし、重量固定のダンベルが気になる方は↓のゴールドジム公式サイトも覗いてみてください!

ダンベル16本揃えるのとラックを買うので数十万円かかることがわかると思います笑笑

GOLD’S GYM公式通販



↑目次へもどる

BOXティッシュとの比較で分かるコンパクトさ

フレックスベルの大きさを数字で書かれてもイマイチぴんと来ないと思うので、

誰の家でもある普通のBOXティッシュと比較してみました!

長さはBOXティッシュの長い方2箱分
幅はBOXティッシュの長い方2箱より小さい
高さは大体BOXティッシュ4箱分
管理人

これだけのコンパクトさに16本分のダンベルが集約されてるなんて凄いですよね!

↑目次へもどる

重量変更が素早くできる

両方20kgなのをグリップを回せば
片方22kg、もう片方を18kgなんてのも簡単!

フレックスベルでは土台に戻し、グリップを回すだけで簡単に素早く重量変更することが出来ます。

↓素早い重量変更によるメリットはこちら!

トレーニング開始時に重量を合わせる面倒くささが無い

例えば、今背中のトレーニングで重さを20kgにしていて、次の肩のトレーニング時に8kgにするのもたった数秒で出来ます!

スクリュー式のダンベルだと固定具を外しておもりを付け替えてと面倒くさくてモチベーションdown!

おもりを計算する必要がない

フレックスベルでは見たまんまの数字が重さとなるので、スクリュー式ダンベルのように、このおもりが何枚で何kgというような計算をする必要がありません!

管理人

↓のようなスクリュー式ダンベルと比べてトレーニングの面倒くささが減って、トレーニングのモチベーションが上がりますよ!

スクリュー式ダンベルってこんなダンベル

↑目次へもどる

重量に応じて長さが変わる

左が14kg、右が6kg

えっ!重量に応じてダンベルの長さが変わるのなんて普通じゃないの!?

なんていう声も聞こえてきそうですが、家庭用のダンベルだと意外と珍しい特徴です!

ちょっと話題に出てきているスクリュー式ダンベルも長さはどの重さでも変わりません

MAXの32kg設定だと芯が1番外まで来ている
28kg設定にすると芯がちょっと縮んでいる

フレックスベルの重量変更の仕組みは、真ん中にある芯がグリップの回転により伸縮することでおもりの数を増減させています

なので重ければ長く、軽ければ短くということが実現できています!

管理人

この特徴はがあるのでフレックスベルを購入しました!実際にとても重宝している特徴です!

↑目次へもどる

床に置いたときに転がりづらい

フレックスベルの底、ちょっと平

家の中でトレーニングをしていて、重たいダンベルが転がって何かを壊すなんて、最悪ですよね!

フレックスベルは下側が少し平になっているため、転がりづらい構造になっています!

管理人

平らな部分を下側に置けば転がらないけど、ちょっと押したら転がるから注意してください!

↑目次へもどる

側面が平なので膝に置きやすい

側面はちょっと出っ張りがあるけど平

本当に筋トレを始めたてだとあまり関係がないかもしれませんが、少し重たい重量を扱うようになった時に

フレックスベルはオンザニー(膝にダンベルを乗せて足の力でセットポジションまで持っていく)がしやすいです!

管理人

スクリュー式ダンベルだと芯が刺さるんですよねー!
フレックスベルは全然痛くないですよ!

↑目次へもどる

グリップはストレートで滑り止め付き、そして若干太い

滑り止め(ローレット加工)されてます!

フレックスベルのグリップは完全にストレートで、滑り止め加工されています!

そして、グリップの太さは直径32mmとジムのダンベルと比べると若干太いです!

また、持ち手は鉄なので普通に錆びます.……(写真をよく見てみてください…….)

管理人

太さは他の家庭用ダンベルと比べたら細いのであまり気になりません!
グリップが錆びて欲しくない人は、トレーニング後にしっかりタオルでグリップを拭いてください!管理人はサボった結果錆びました!

↑目次へもどる

【デメリット】重心が中心ではなく、おもりやグリップは回らない

おもりの形状(上)
おもりの形状(下)

写真のようにフレックスベルのおもりは上下で異なるため、重心が完全に中心というわけではありません!

といっても管理人はトレーニング中に気になったことは無く、おもりを外してみて初めて気が付きました笑

また、ジムに置いてあるダンベルはトレーニング中の遠心力を逃がすためにグリップの部分やおもりが回るようになっていますが、

フレックスベルはおもりやグリップは回りません

管理人

ここで挙げたデメリットはあくまでジムのダンベルと比べるとって話で、家でのトレーニングに支障をきたすものはないから安心してください!

↑目次へもどる

現在フレックスベルは5種類ある!

フレックスベルにはいくつかの種類があるので、そちらを紹介したいと思います!

まず新型と旧型の二種類に分かれる

まず、フレックスベルには新型と旧型の二種類が存在しています!

主な違いは以下の通りです!

新型フレックスベル
旧型フレックスベル
  • 重量変更幅がほぼ2kg(36kgモデルのみ3kg刻みもあり)
  • グリップ直径が32mm
  • 重量変更の回転方向が書かれている
  • 重量が36kg、32kg、20kgの3種類ある
  • 値段が旧型と比べて1万円くらい高い
  • 重量変更幅が4kg
  • グリップ直径が35mm
  • 重量変更の回転方向が書かれていない
  • 重量が32kg、20kgの2種類ある
  • 値段が新型と比べて1万円くらい安い
管理人

新型と旧型の違いをもっと詳しく知りたい方は↓の記事で解説しているので読んでみてください!
管理人は旧型よりも圧倒的に新型をオススメします!

関連記事:【重量変更幅以外】フレックスベルの新型と旧型の3つの違い

↑目次へもどる

新型は36kg、32kg、20kgの3種類で旧型は32kg、20kgの2種類

新型と旧型の違いにも書いてありましたが、

フレックスベルには新型は36kg、32kg、20kgの3種類で旧型は32kg、 20kgの2種類

合わせて5種類存在します!

管理人

どの重さを選べば良いか迷う人のために参考となる記事も書いているのでよければ参考にしてみてください!
ちなみに重量1kgあたりのコスパで考えると、新型32kgがオススメ!

関連記事:【目的別】フレックスベル36・32・20kgどれがオススメ?

↑目次へもどる

唯一の弱点は36kg登場によりほぼ無くなった!?

「ライシン」公式サイトより(https://www.lysin.jp/shopdetail/000000000316/)

これまでフレックスベル唯一の弱点と呼ばれてきたのが、

フレックスベルは最大重量が32kgまでしかなくて軽い!

ということでした!

しかし、2021年12月14日に「ライシン」様より36kgモデルが発売されたことで、その唯一の弱点はほぼなくなりました!!

管理人

これを待っていた!という方も相当多かったんじゃないかなと思います!管理人も買いました!

関連記事:【両方使ってみた結果】フレックスベル36kgと32kgを比較!

↑目次へもどる

フレックスベルはどこで買うのがお得か

さあ、皆さんお待ちかねのフレックスベルをお得に買う方法ですが、一言で言います!

「Amazon」や「楽天市場」のセールでポイント付与率が高い時に 、「Amazon」や「楽天市場」 を経由して正規販売店で買いましょう!

管理人

ここでいう正規販売店は「ライシン」、「Motions」のことです!他にもあるから、商品紹介ページに書かれていることを参考にしてみてください!

たまにセール価格といって1,000円くらい値下がりしていることがあるんですけど、

値下がりよりもフレックスベル本体の値段が高いのでポイント付与率の影響がとても大きいです!

(32kgだと大体57,000円前後なので、5%付与率アップで約3,000円お得!

管理人

フレックスベルのようなダンベルは中古になっても値段が下がらないので、買って使わなくても損しません!是非購入を検討してみてください!

セール情報は↓から!

↑目次へもどる

フレックスベル以外のオススメダンベル

本サイトではフレックスベル以外にも高機能可変式ダンベルを紹介しています!

紹介しているダンベル

・新型フレックスベル

・メタルダンベル

・ハイガーアルティメット

・旧型フレックスベル

・ボウフレックス型ダンベル

・パワーブロック型ダンベル

↑リンクがあるものはTAPで紹介記事にとびます!

管理人

一番オススメはフレックスベルだけど、他のダンベルも負けていませんよ!

関連記事:オススメ高機能可変式ダンベルを比較

【まとめ】初心者向けにフレックスベルがどんなダンベルか解説しました!

今回は初心者の方向けにフレックスベルがどんなダンベルなのかしっかりと解説させていただきました!

管理人

ここまで読んでいただけたら、きっとフレックスベルマスターに近づけていると思います!

もう一年以上愛用している管理人からしてもフレックスベルは本当にオススメできるダンベルなので、ぜひ皆さんにも使ってみてほしいです!

本ブログでは、フレックスベルについて様々な疑問に答えられる記事を準備していますのでそちらものぞいてみてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

↑目次へもどる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次へ
一番上へ
タップ出来る目次
閉じる