【新ダンベル情報】まるでフレックスベル40kg超えモデル「プロバーベル」比較レビュー!タップで読む

【購入をオススメしないダンベルを紹介】理由も含めて解説します!

本サイトでは普段オススメするダンベルを主に紹介していますが、今回は少し方針を変えて

オススメしないダンベル

を紹介します!

管理人

誰にもオススメしないというわけではなく
「こんな人にはこのダンベルはオススメしない」
というような内容で紹介していきます!

理由も含めて紹介していくので条件に当てはまる人は注意してみて下さい!

オススメのダンベルを知りたい方は↓から

管理人のプロフィール

▶筋トレ歴5年の29歳会社員

プロパーソナルトレーナーBODYMAKE検定2級合格(現在最高位)

▶BIG3MAX

・ベンチプレス:105kg
・スクワット:150kg
・デッドリフト:160kg

▷ダンベル使用歴

・スクリュー式ダンベルを約二年
・フレックスベルの32kgを約一年
・フレックスベルの36kgを約一年
・プロバーベルを最近購入
フレックスベルのレビューはこちら

タップ出来る目次

宅トレをメインで筋トレをする場合にはスクリュー式ダンベルはオススメしません

自宅で筋トレをする時には一つのダンベルで重量を変えることが出来る、可変式ダンベルというものを選ぶかと思いますが、スクリュー式ダンベルはその中でもかなりメジャーな存在です!

管理人

スクリュー式ダンベルというのは↑の画像のように、スクリュー式ネジを外して重りを付け替えることで重量変更出来るものです!

メジャーなだけあって非常に有用なダンベルですが、以下のようなデメリットが存在します。

  • 重りを付け替えるのにスクリューを外す手間がかかる
  • 重りの数でダンベルの重さを計算する必要がある
  • 重りを付ける軸が膝に刺さって痛い
管理人

なぜ、これらのデメリットが「宅トレをメインで筋トレをする場合にオススメしない理由」につながるのかを解説していきます

↑目次へ戻る

筋トレは長く続ける趣味なので小さいストレスが命取りになる

筋トレというのはダイエットが目的だったり運動不足が目的だったり、持てる体を目指すのが目的だったりとやる理由は様々だと思いますが、

大体数年単位で継続する趣味だと思います。

重量変更に手間がかかるや重量の計算が面倒くさいなどは、一回ずつで考えると十数秒程度の問題かもしれませんが、長く続けていくと結構なストレスになります。

管理人

最悪、トレーニングのハードルが上がってしまって挫折に繋がってしまったりするので、甘く見ない方が良いですよ、、、マジで

宅トレメインの場合は、ジムに行かないのでそのストレスの発散が出来ないので、なかなかオススメできません!

↑目次へ戻る

宅トレメインの方には高機能可変式ダンベルがオススメです!

宅トレメインの場合にはなるべくストレスの少ないダンベルを選ぶのがオススメで、

その条件を満たしやすいのは「高機能可変式ダンベル」です!

【高機能可変式ダンベルのメリット】

・トレーニングが快適に出来る

・ダンベルの場所を取らない

・持ち運びがしやすい

・重量の計算をしなくていい

管理人

管理人が使っている「フレックスベル」は高機能可変式ダンベルの中でもストレスが少ないものかと思います!
気になる方はレビュー記事も読んでみてください!

↑目次へ戻る

お金や広い場所がない方には固定式ダンベルはオススメしません

可変式ダンベルと違って一つのダンベルに一つの重さと決まっているダンベルを固定式ダンベルと言いますが、ジムのような固定式ダンベルを揃えたい方でも

お金や広い場所がない方にはオススメしません!

管理人

理由は単純で、お金がかかりすぎたり場所を取りすぎてしまうからです!
本当に一部屋潰して、100万円をダンベルに書ける覚悟がある方だけが検討できる代物だと思ってください!

↑目次へ戻る

ダイエット目的なら値段の高いダンベルはオススメしません

筋トレをする目的としてダイエット、つまり痩せたいからということを挙げる場合には値段の高いダンベルはオススメしません!

最近はランニングやバイクなどの有酸素運動だけでなく、筋トレで基礎代謝を上げるという方法を取り入れている方も多いかと思いますが、

その場合、腕立て伏せやスクワットなどの自重トレーニングをメインにダンベルトレーニングは補助的な立ち位置になるかと思います!

管理人

ダイエットでは胸や足などの大きな筋肉を鍛えると効率がいいので、ダンベルでなくても自重トレーニングで十分役割を果たせます!

ただし、二の腕を引き締めたい!背中をきれいにしたい!

など細かい部位の目標がある場合にはダンベル購入を考えた方が良いですが、それでもダイエット目的ならメインは有酸素運動になるので、1万円未満で買えるダンベルを選ぶのがオススメかと思います!

↑目次へ戻る

ダイエットしつつボディメイクをしたいなら本格的なダンベルを検討もアリ

上でダイエット目的なら高いダンベルはオススメしないということを書きましたが、

ダイエットしつつ綺麗な体を目指すボディメイクをする場合には話は別です!

本格的にトレーニングに取り組む気があるのに、安いダンベルを購入してしまうと後に買替が生じてしまうのでロスが大きいです。

これは皆さんのモチベーションによって異なりますが、本格的にボディメイクに取り組みたい方は最初から本格的にトレーニングの出来る「高機能可変式ダンベル」を購入しておけば、買替も生じず、快適にトレーニングをすることが出来ます!

管理人

本格的なダンベルを購入することでモチベーションを上げるという効果も期待できるので、自分に合うダンベルを探してみてください!

↑目次へ戻る

もしオススメしない条件に当てはまったら注意してくださいね!

今回紹介したオススメしないダンベルというのは、条件に当てはまったら確実にオススメしないというわけではありません。

ダンベルはその人の個性や生活スタイルなどから最適なものを選ぶべきだというのが管理人の考え方です。

ただ、今回書いた内容はもし条件に当てはまった場合には、ダンベル購入に失敗する可能性があるとして注意をするのに活用していただければと思います!

管理人

そもそもダンベルが必要か不必要かというところもありますしね!よく考えてダンベルを購入してみて下さい!

↑目次へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップ出来る目次