【新ダンベル情報】まるでフレックスベル40kg超えモデル「プロバーベル」比較レビュー!タップで読む

会員制スポーツジムを2つ以上掛け持ちするメリットと便利なサービス

本ページの内容

会員制のスポーツジムを2つ以上掛け持ちすることについて、

スポーツジムを2つ以上掛け持ちするメリット

スポーツジムを2つ以上掛け持ちするデメリット

【GYYM】気軽にジムを掛け持ちできる便利な方法

↑の内容について説明していきます!
(リンクをTAPで各項目までとびます)

筋トレ・ボディメイクが流行っている最近、会員制のスポーツジムに通っている方も多いでしょう。

そんな皆さんの中に、「スポーツジムを2つ以上掛け持ちしたい」と考えたことがある人もいますよね?

管理人

こっちのジムはこの部位を鍛えるマシンはイマイチだけど、あっちのジムだと最新らしい。でもそれ以外に不満もないし、掛け持ちできれば最高なんだけど、、、

↑のような理由や、フィットネスレッスンプログラムがジム毎に異なる為、2つ以上掛け持ちしてやりたいフィットネスすべてを網羅したい人もいますよね?

今回、本ページではそんな「会員制のスポーツジムを2つ以上掛け持ちしたい」と考えている皆さんに向けて、掛け持ちのメリット&デメリットと、気軽に掛け持ちできるGYYM(ジーム)という便利なサービスの紹介をしていきます!

GYYM(ジーム)のサービス概要

○3分で簡単に無料登録出来るジムネットワークサービスで、登録すれば200以上(2022年10月30日現在289件)の提携施設を利用可能!

〇提携施設は一回ごとの都度払いで利用可能

〇利用方法はクレカでチケットを購入して施設を予約

〇週1~2回の利用で月契約よりお得な可能性

月会費や入会金はありません!各ジム毎の登録もありません!

1pt=1円でポイントを購入し、購入したポイントを使ってジムを予約!

○いわゆるマシンジムだけでなく、ヨガやピラティスなど女性に嬉しい施設など、様々なフィットネス施設と提携!

○利用すれば利用するほどポイント還元!最大12%も戻ってくる!

▼GYYM(ジーム)無料会員登録はこちら▼

▼月会費を払わず都度払いで毎日違うジムへ!▼
新フィットネスサービスGYYM(ジーム)の解説

\ 無料会員登録で毎日違うジムへ!/

会員登録無料で毎回違うジムへ!┃GYYM(ジーム)

管理人のプロフィール

▶筋トレ歴5年の29歳会社員

プロパーソナルトレーナーBODYMAKE検定2級合格(現在最高位)

▶BIG3MAX

・ベンチプレス:105kg
・スクワット:150kg
・デッドリフト:160kg

▷ダンベル使用歴

・スクリュー式ダンベルを約二年
・フレックスベルの32kgを約一年
・フレックスベルの36kgを約一年
・プロバーベルを最近購入
フレックスベルのレビューはこちら

タップ出来る目次

スポーツジムを2つ以上掛け持ちするメリット

まず最初にスポーツジムを2つ以上掛け持ちすることのメリットを解説していきます。

管理人

メリットは3つ紹介していきます!

ジム毎の得意な器具を使える

ジムによって置かれているトレーニング器具は異なります!

各ジムは器具を置く場所や予算などから器具を揃えていますが、ジムによって得意な器具は違うことが多いです!

管理人

例えば、ジムAはパワーラックが多く、背中のトレーニングをしやすいけど、ジムBはベンチプレスラックが多く胸のトレーニングをしやすいなどの違いがあります!

ジムを掛け持ちすることで、鍛えたい部位ごとに通うジムを切り替えることが出来るので、とても効率的にトレーニングを出来るメリットがあります!

ジム毎のフィットネスレッスンプログラムを利用できる

ジムに通うのに、筋トレ目的ではなくフィットネスレッスンプログラムへの参加が目的の方も多いかと思います。

トレーニング器具と同じようにレッスンプログラムもジム毎に異なる場合が多いです!

管理人

参加したいプログラムに時間が合わず参加できないパターンも結構ありますよね!

参加したいレッスンプログラムをすべて網羅できるようにジムを掛け持ちして通うのはとてもメリットがありますよ!

気分転換することが出来る

毎回同じジムに通っていると、段々飽きてモチベーションが下がってしまうことがあります。

その場合、2つ以上のスポーツジムを掛け持ちしていると、気分を変えたいときにジムを変え、モチベーションが下がるのを防止することが出来ます!

管理人

気分毎にジムを変えるって結構楽しそうですよね!

↑目次へ戻る

スポーツジムを2つ以上掛け持ちするデメリット

続いて、スポーツジムを2つ以上掛け持ちすることのデメリットを説明していきます!

管理人

デメリットは大きく2つです!それぞれ解説します!

掛け持ちした分の月会費がかかる

会員制のスポーツジムを掛け持ちするので、当然ながら会費は掛け持ちした2つ分かかってしまいます。

大体のスポーツジムは1万円以上の月会費を取られますので、2つ以上の掛け持ちなら月額2万円以上はおそらくかかってしまうことでしょう!

管理人

月1万円でも結構なのに、掛け持ちした分の金額がプラスされるというのは一番のデメリットですね………

時間が無くて有効活用できない

また、せっかくメリットを目指して2つ以上のスポーツジムを掛け持ちしたのに、仕事などで時間が無くて結局有効活用できない可能性があることも見逃せません。

仕事で疲れてしまい、自宅から近いところしか通わなくなってしまったりして月会費を無駄に払ってしまうととても残念なことになってしまいます。

管理人

お金を多く支払って、しかもメリットを得られなくなってしまうと一番悲しい結果です。自分の生活と相談してみましょう!

関連記事:【精神論以外】筋トレと仕事が両立できない原因の根本的な解決方法

↑目次へ戻る

【GYYM】気軽にジムを掛け持ちできる便利な方法

ここからは、スポーツジムを2つ以上掛け持ちするメリットを得つつ、デメリットを解消できる便利な方法を紹介します!

管理人

GYYM(ジーム)に無料登録して利用すると月会費無しで、気軽にジムを掛け持ちすることが出来ます!

GYYM(ジーム)のサービス概要

○3分で簡単に無料登録出来るジムネットワークサービスで、登録すれば200以上(2022年10月30日現在289件)の提携施設を利用可能!

〇提携施設は一回ごとの都度払いで利用可能

〇利用方法はクレカでチケットを購入して施設を予約

〇週1~2回の利用で月契約よりお得な可能性

月会費や入会金はありません!各ジム毎の登録もありません!

1pt=1円でポイントを購入し、購入したポイントを使ってジムを予約!

○いわゆるマシンジムだけでなく、ヨガやピラティスなど女性に嬉しい施設など、様々なフィットネス施設と提携!

○利用すれば利用するほどポイント還元!最大12%も戻ってくる!

▼GYYM(ジーム)無料会員登録はこちら▼

GYYM(ジーム)というサービスは、無料で会員登録することで提携フィットネス施設から選んでジムに通うことが出来、支払いジムに通った都度払いが可能なものです!

つまり、紹介した掛け持ちのメリットを活かしつつ、月会費がかからないためとても経済的負担を軽減できます!

さらに仕事が忙しくてジムに通えない時にはお金を支払う必要が無いので、無駄な会費を支払う必要がありません!

管理人

無料の会員登録も簡単に済みますし、掛け持ちのメリットは最大限活かし、デメリットは最小限に抑えるオススメなサービスです!
↓の関連記事で詳しいサービス内容を紹介しているので是非参考にしてみてください!

▼月会費を払わず都度払いで毎日違うジムへ!▼
新フィットネスサービスGYYM(ジーム)の解説

\ 無料会員登録で毎日違うジムへ!/

会員登録無料で毎回違うジムへ!┃GYYM(ジーム)

↑目次へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップ出来る目次