【新ダンベル情報】まるでフレックスベル40kg超えモデル「プロバーベル」比較レビュー!タップで読む

【フレックスベルをバーベルに!】ダンベルをバーベル化する製品を紹介

2022年11月23日現在、フレックスベルはどこのショップでも品薄で価格は高騰しています!(32kg両手で69,800円が相場)しかし株式会社Motionsなら32kg両手で678,00円でさらに2年保証付き!今すぐ欲しい方は↓のリンクから(Motionsフレックスベル販売サイト

\ TAP後、一番下から購入/

今回は、フレックスベルを含むほとんどのダンベルをバーベル化することが出来る、「TEDDY WORKS」さんの「KOMBOバーベル」という製品について紹介します!

家でトレーニングをするために、ダンベルを買ったけど正直バーベルも欲しいな………
でも、わざわざバーベルセットを買い増すのもちょっとな………

そんな悩みをバッチリ解決できる製品を発見しました!

それが、「TEDDY WORKS」さんの「KOMBOバーベル」

↑画像をTAPでAmazon商品ページへとびます!

TEDDY WORKS公式サイト

こちらの製品はなんと、管理人の愛用するフレックスベルの36kgモデルを含むほとんどのダンベルをバーベル化することが出来る優れものです!

これは、素晴らしい!ということで今回は「KOMBOバーベル」について紹介していきます!

管理人

ぜひ皆さんにこの素晴らしさを知ってほしいです!

関連記事:【フレックスベルのレビューと安く買う方法】約1.5年間使った結果

関連記事:【簡易ホームジム】予算10万円・ラック無しで出来る最高家トレ環境

管理人のプロフィール

▶筋トレ歴5年の29歳会社員

プロパーソナルトレーナーBODYMAKE検定2級合格(現在最高位)

▶BIG3MAX

・ベンチプレス:105kg
・スクワット:150kg
・デッドリフト:160kg

▷ダンベル使用歴

・スクリュー式ダンベルを約二年
・フレックスベルの32kgを約一年
・フレックスベルの36kgを約一年
・プロバーベルを最近購入
フレックスベルのレビューはこちら

タップ出来る目次

「KOMBOバーベル」の販売元「TEDDY WORKS」の情報

画像提供:TEDDY WORKS公式サイト

住所:144-0051 東京都大田区西蒲田4-23-2-301

社名:株式会社TEDDY WORKS

主な製品例:KOMBOバーベル(ダンベルをバーベル化する)、KENSUI(天井との突っ張りによる省スペース懸垂器)

2020年にクラウドファンディングで目標金額50万円に対して約650万円を集め、創業した「TEDDY WOKS」さん。

東京大田区の町工場で作られる、完全日本製フィットネスグッズを販売するメーカーさんです。

年々減少する町工場の技術を憂い、日本のモノづくりを救う活動の一環として経営をされています!

管理人

公式サイトを見ると、熱い気持ちがバシバシ伝わってきますよ!

↑目次へ戻る

「KOMBOバーベル」の製品スペック

「KOMBOバーベル」の製品スペック

  • 耐荷重:90kg
    (フレックスベル36kgでも72kg)
  • シャフト径:29㎜
    (オリンピックシャフトと同等)
  • 取り付け可能なダンベルシャフト径:28~35㎜
    (ほとんどのダンベルに取り付け可能)
  • シャフト長:100㎝
    (一般的なベンチプレス手幅は81cm)
  • その他機能:分割して収納可能!
  • 製品保証:1年

耐荷重は90kg、対応ダンベルシャフト径は28~35㎜(フレックスベルは32㎜)ということで、家庭用のダンベルであればほとんどのものが利用可能です。

長さも十分の100㎜で、シャフトは分割して収納が可能とかなり機能的です!

管理人

シャフトにローレット加工(すべり止め)はされていないので、使用する際にはグローブを装着することをオススメします!

さらに、個人的にうれしいのはこの「KOMBOバーベル」自体が3.5kgの重量があるので、

フレックスベル36kgを装着した時に、75kgくらいのバーベルになってくれることですね!

管理人

追加で重りが増えた感じがして、とてもテンションが上がります!

↑目次へ戻る

ダンベルとバーベル一体のモノとの比較

最近よく話題になっている、ダンベルとバーベルが一体となった製品(↓のような製品です)

こちらと比較した時「KOMBOバーベル」はどうなのかというのを解説しますと、

まず、シャフトの長さは「KOMBOバーベル」が100cm、ダンベルとバーベル一体のものは約80cmと差があります。

シャフト部分が短いと、重りと体が接触しやすくなりトレーニングし辛い可能性があります。

続いて、許容重量は「KOMBOバーベル」が90kg、ダンベルとバーベル一体のものはほとんど合計40kgのモノしか販売されていません。

なので、より高強度のバーベルトレーニングをしたいなら「KOMBOバーベル」が適しています!

管理人

トレーニングの快適さ、幅については「KOMBOバーベル」に軍配が上がりそうですね!

↑目次へ戻る

「KOMBOバーベル」の使用方法

「KOMBOバーベル」の使い方を紹介していきます!

STEP1:分割された「KOMBOバーベル」を一体にする

【分割された「KOMBOバーベル」を】

画像提供:TEDDY WORKS公式サイト

【カチッというまで差し込み、抜けないことを確認する】

画像提供:TEDDY WORKS公式サイト

STEP2:ダンベルを取り付ける

【続いて、両サイドにダンベルを取り付ける】

画像提供:TEDDY WORKS公式サイト

という超簡単ステップで取り付け可能です!

あとは落としたりしないよう、気を付けて通常通りバーベルトレーニングをするだけです!

管理人

ネジを締めるだけで、とっても簡単に使用可能でうれしいですね!

↑目次へ戻る

「KOMBOバーベル」どこで買える?

「KOMBOバーベル」を購入したい場合は現状

TEDDY WORKS公式サイト

もしくは

Amazonショップ↓

【TEDDY WORKS】 KOMBO バーベル 筋トレ器具 筋トレマシン ダンベル 筋トレ 家トレ 日本製

で購入することが出来ます。

↑目次へ戻る

「KOMBOバーベル」を使って家トレをさらに充実させましょう!

筋トレをしていて、家にダンベルを持っている方も多いかと思いますが、

そのダンベルをバーベルにすることが出来るということで、これはかなりうれしい方も多いのではないでしょうか?

管理人

トレーニングの幅は確実に広がってくれますので、良かったら購入を検討してみてください!

↑目次へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップ出来る目次