【子育て用の車】「タント」に驚いた5つのオススメポイント

本記事の内容

子育て中の管理人が、ダイハツ【タント】を購入・使用して、

「この車、子育てについて考えられすぎじゃない!?」

驚いたオススメポイントを5つ紹介します!!

こんにちは、管理人のふくすけです!

今回紹介したいのは、タイトルにある通り

ダイハツ「タント」

です!

映り込み防止加工をしてます!汚くてすみません汗

2019年にモデルチェンジしたこのタントですが、管理人は子どもが生まれたことをきっかけに、購入して1年半年ほど経ちました!

管理人が購入した
「タント」のグレード

・Xグレード

オプションなし(今回紹介するのはすべてXグレードの標準装備!

スライドドアの軽ハイトワゴンとして人気のあるこのタントなんですが、

乗れば乗るほど、子育てについてよく考えられているのが分かるんですよ!

これは是非他の方にも紹介したい!

と心から思ったので、

管理人が「タント」の子育てについて考えられ過ぎていて驚いた5つのオススメポイント

について紹介していきます!

白久間さん

管理人が驚いた5つのおすすめポイント
①こぼしても汚れづらい
「撥水シート」
②ストローマグも入る
「テーブル」
③授乳中の目隠し
「サンシェード」
④運転席から子供のお世話
「ロングスライドシート」
⑤手が空いてなくてもドアは開く
「ウェルカムオープン」
だよ!
標準装備だし、どれもとても子育てに便利だから紹介していくね!

管理人プロフィール

▷28歳男性、3つ歳上の妻と1歳の男の子と一緒に生活中!

▶︎管理人は普通の会社員、妻は出産を機に退職し現在休職中

初めてのことばかりの子育て期間を快適に楽しく過ごしていくのが目標!

Twitterアカウント:ふくすけwith1歳♂

目次

子育て中の管理人が「タント」に驚いた5つのオススメポイント

白久間さん

早速だけど、
5つのおすすめポイント
①こぼしても汚れづらい
「撥水シート」
②ストローマグも入る
「テーブル」
③授乳中の目隠し
「サンシェード」
④運転席から子供のお世話
「ロングスライドシート」
⑤手が空いてなくてもドアは開く
「ウェルカムオープン」
について紹介していくよ!!

こぼしても汚れづらい「撥水シート」

まず紹介したいのは、他社ではオプションで装備できたりする「撥水シート(水をはじくので汚れを吸わない)」

これがタントには標準で装備されています!

汚れづらいシート?汚さないように使えばいらないんじゃ・・・?

という方もいらっしゃるかと思いますが、

断言します!

子どもを育てていて、何もこぼさないでいるのは無理!!!!

白久間さん

よだれ、お茶、ジュース、おしっこ、泥などなど
子どもがシートを汚す可能性は無数にあるんだ!
それを全部防ぐのは不可能に近いよ!

そんな時にシートが撥水なら汚れづらいからそこまでストレスにはならないし、気を使う必要が無くなるからとてもオススメです!

チェックポイント

タントのシートは標準で汚れづらい撥水シートなので、車を汚しやすい子育て中でも気にせず過ごせます!

ストローマグも入る「テーブル」

タントには運転席と助手席の後ろに1つずつ「折りたたみ式のテーブル」が設置されています!

こちらのテーブルなんですけど、なんと

形が工夫されていて、ストローマグがしっかり入るようになっています!!

白久間さん

テーブルがあるだけでも嬉しいし、まさかストローマグが斜めにならずに置けるなんて感動!!

耐荷重は1つにつき2kgとそこまで重いものを乗せられませんが、出先で離乳食をあげる時なんかにとっても便利です!

チェックポイント

タントには運転席と助手席に1つずつテーブルが標準で設置されている!!

さらに、コップ置き場はストローマグが置けるように工夫されているので、超便利!!

授乳中の目隠し「サンシェード」

出先で授乳する時間になったけど、授乳室がありそうな場所もないし、困ったから仕方なく車で授乳・・・
でも、周りの目が気になる・・・

こんな場面、子育てをしていたら1回くらいはあるもの!

後部座席の窓は外から見えづらいようになっているとはいえ、気になりますよね・・・

タントには↑の写真のように後部座席の窓に「サンシェード」が標準で装備されています!

白久間さん

目隠しとしてとっても優秀なんだよ!
外から見たら窓の反射で中は見えづらいようにはなってるけど、「サンシェード」のおかげでさらに見えづらいし、自分からも外が見えづらくなるからいいよね!

チェックポイント

タントには後部座席にサンシェードが標準で設置されている!!

出先で授乳する時にも周りの目が気になりづらくて便利!

運転席から子供のお世話「ロングスライドシート」

通常時
ロングスライドシート利用時

これは、恐らく「タント」にしかない機能なんですが、

↑の写真のように運転席を後部座席にぶつかるまで下げることができます!!

白久間さん

この機能を使えば、雨の日でも外に出ることなく簡単にチャイルドシートの子どものお世話が出来てとっても便利なんだ!

※居室の大きさ的に仕方ないんですけど、↑の写真のような状態にするには、助手席は一番前にしておかないといけないのは注意してください!

チェックポイント

タントの運転席は「ロングスライドシート」が使われていて、後部座席にぶつかるまでシートを下げられる!!

雨の日でも外に出ずチャイルドシートの子どもをお世話可能!

手が空いてなくてもドアは開く「ウェルカムオープン」

タントには軽では初採用な機能として、「ウエルカムオープン機能」を搭載しています!

車を停止した後に↑の写真にある、「時計」のマークを長押し(開けたい方)して予約しておくと、

一旦車から離れて、車に戻ってきた時に自動的に解錠&スライドドアオープン

ということをやってくれます!

白久間さん

子どもを抱えて買い物に行く時なんかにとっても便利な機能だよ!
ただし、センサーがミラーにあって、かなり近付かないと反応してくれないのがちょっと難点だね!

チェックポイント

タントには軽では初採用の「ウェルカムオープン機能」が搭載されていて、予約しておくと車に戻ってきた時に時に自動で解錠&スライドドアオープン!!

子どもや荷物で手がふさがっていても安心!

子育て用の車には「タント」がおススメです!!

今回は管理人が1年半年「タント」乗ってみて驚いた5つのポイント

管理人が驚いた
「タント」5つのオススメポイント

①こぼしても汚れづらい撥水シート

②ストローマグも入るテーブル

③授乳中の目隠しサンシェード

④運転席から子どものお世話ロングスライドシート

⑤手が空いてなくてもドアは開くウエルカムオープン

について紹介してきました!

ここまでタントに乗ってきて言えるのは

子育て用の車には「タント」がおススメです!!

ということですね!

白久間さん

乗ってみて後悔はしないと思うよ!絶対検討してみてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次へ
一番上へ
目次
閉じる