【男性目線の妊活体験談】喧嘩から始まった我が家の妊活レポ

スポンサーリンク
夫婦・家族

こんにちは皆さん!

今回は、我が家の妊活レポということで、

我が家の一人息子を授かった時の妊活について

書いていこうと思います!

大きなドラマがあるわけではないですが、こんなことしたのか、共働きだとこんな問題があるのかと日記感覚で読んでいただけると幸いです!

妊活の時に旦那としてやって良かったことを紹介している記事もあります!

スポンサーリンク

始まりは妻からの「子ども本当に欲しいと思ってる?」

我が家がいわゆる妊活を始めたのは、2019年、結婚して2年目の夏ごろでした。

結婚当初からお互いに子どもが欲しいよねと話していて、僕自身も子どもが好きだったので、すぐにでも欲しいよね!という会話をしていました。

そして、ある時突然神妙な面持ちの妻から

「本当に子ども欲しいと思ってる?

と言われたんです!

僕は

「勿論!すぐにでも!」

と答えましたが、妻が言うには

「最近数が少ないし、私が年上だから焦る気持ちもあるし、自分なりに出来そうだなという日に誘っても疲れて寝てる日がある」

とのこと

確かに、その当時僕は夜勤をしたり、残業が多かったり、飲みに出て夜中に帰ってくることもあり、数が少なかったと思います。

その頃の僕は女性の時間制限に対する焦りへの理解がなく、仕事で疲れている、飲み会も付き合いだから仕方ない、という気持ちがあったと思います。

でも、そのうち子ども出来るよなー。

なんて軽い気持ちだったのもあります。

しかし、自分なりに本気で子どもを欲しいと思っているのに、子どもが欲しくないと思っているのでは?と言われたことに腹を立てて、大喧嘩に発展しました!

結果的には僕の子作りに対する本気度が足りなかったのですが、、、

今思えばこの時の出来事は反省ばかりです。

この喧嘩を経て、ようやく我が家の本格的な妊活が始まりました!

スポンサーリンク

妊活の始まり 家族会議

本気で妊活に取り組むぞ!ということが決まってから最初に行ったのは、

家族会議

でした!

内容は

・妊活はどこまでやるか?人工授精?体外授精?

・何年くらいで諦めるか?

という2点が主でした!

僕たち夫婦は子どもはとてもほしいと思っていましたが、もし生まれなくても二人で楽しく生活していこうという話をしていました。

ですので、数年間頑張って、ダメだったら引きずらず、二人生活にシフトできるように、引き際をまず話し合いました!

話し合いの結果決まったのは、

・ホルモン剤投与や金銭面、仕事への影響から人工授精まで頑張る!

・年数は5年でそれが過ぎたら諦める

ということでした!

また、当面は自分たちで基礎体温を取っての自己流タイミング法で行い、妊活は検査等をするところから始めることにしました!

スポンサーリンク

妊活最初の1歩 ブライダルチェック 

病院に行ってまず、我が家が行ったのは、僕と妻両方の子作り能力に問題がないかのチェック

ブライダルチェック

をしました。

産婦人科に行き、

妻は超音波検査や血液検査を行い、子宮や卵巣に問題はないか、感染症等病気への感染はないか、風疹等の抗体は持っているかを検査し、

僕は、精液検査と血液検査を行い、精液量、精子の濃度・運動率・奇形率、感染症等病気への感染はないか、風疹等の抗体は持っているかを検査しました。

値段はあまり覚えていませんが、15000円前後だったような気がします。

※産婦人科によっては精液検査が出来ない場所がありますので、事前に確認することをお勧めします!基本的には泌尿器科で実施するようでした!

その結果、、、

僕の精液検査結果は、運動率が多少悪いものの、特に問題なし

そして妻の検査結果ですが、子宮や感染症等問題はありませんでしたが、問題が2点

・子宮頚管が狭すぎて、精子が中に入り辛い

・子宮頚管の粘液が少なすぎて、精子が中に入り辛い

という、どうやら精子を受け取り辛いらしい結果が出ました。

医師からの言葉では

「うーん、自然妊娠は難しいかもしれない、人工授精からスタートかなと」

結果に衝撃を受けた僕たちは、とりあえず検査結果だけを持って帰ることにしました。

スポンサーリンク

出来ない子どもと自己流タイミング法

検査結果をもらってから2か月ほど、駄目元で自己流タイミング法を試しました。

理由としては、お互いに共働きで、しかもあまり休みやすい環境ではなかったため、不妊治療を始めてもなかなか、いいタイミングで病院に行けないと考えていたからです。

しかし、2か月音沙汰もないところから、やはり無理かと思い、産婦人科を訪ね不妊治療を始めることにしました。

自己流でタイミング法を試していることを伝えて、診察を進めていき、まず1ヶ月目はタイミング法から始めましょう!

ということになりました。

そして、卵母細胞を診てもらい、次に病院を訪れる日の指定をされ、その日は終了しました。

次の診察日までの間に、妻は職場に子どもができにくい体で長期化するかもしれないが、妊活を始めるので休みがちになってしまい、迷惑をかけてしまうことを連絡し、問題ないということの確認をしました。

そして次の診察日

再び卵母細胞を確認してもらうと、

今日、明日はしてください」

と言われました。

僕たち夫婦は驚いたんです。

なぜかって?

その日は、自己流タイミング法からすると、5日ほど早い日だったんです!

ネット情報だけの、自己流妊活がどれだけ難しいのかを思い知りました!

スポンサーリンク

妊活終了とその後

医師に言われた通り、その日と次の日はしっかり務め、

ちゃんとしたかどうかを医師に確認してもらいました(これが一番恥ずかしかったかもしれません(笑)

ちゃんと確認してもらい、1ヶ月程度の観察期間がありました。

そして、、、

生理予定日を5日過ぎ、早く結果が知りたくて仕方なかった我が夫婦は、市内のドラッグストアをめぐり、探す生理予定日当日から使える妊娠検査薬を探しました!

しかし、見つからなかったので生理予定日1週間後用妊娠検査薬買い、検査を強行!

結果は、、、

うっすーーーーーーい陽性!

いやーーー、あの時の微妙に喜べない雰囲気は何とも言えませんでした!笑

んー、まだわからないもんね、しかも自然妊娠無理って言われたし!!みたいな

後日、病院へ行き、正式に妊娠が確定しました!

そして、約4か月程度と短いですが、我が夫婦の妊活は終わりました!

後日談ですが、

妻は職場に長期的に妊活をして、迷惑をかけますといった連絡をしていたのですが、その連絡の1ヶ月半後に子どもが出来ましたという報告をすることに笑

「え?え!?あっ!おめでとうございます!」

みたいなリアクションだったようです!

スポンサーリンク

終わりに

以上が我が家の喧嘩から始まった妊活レポとなります!

大したことは起きたわけではないですが、我が家の中ではとても大きな大きなイベントの1つとなりました!

自然妊娠は無理だと言われながらも自然妊娠をし、自己流タイミング法は大外れ!!

と、かなり予想外の展開ばかりだったと今では思い、笑い話になっています!

誰かの参考になればいいなと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

そんじゃぁ、またねぃ!

PVアクセスランキング にほんブログ村

共働きなのに家事をしない旦那さんにお困りの方へおすすめの記事

妊活クライシスを回避したい人向け

コメント

タイトルとURLをコピーしました