【持論】旦那の育児を「手伝う・協力する」という言葉に潜む無責任さとは?

スポンサーリンク
夫婦・家族

【今回はかなり賛否別れる内容になってると思うので、不快に思われる方がいらっしゃるかもしれません。申し訳ありません】

本記事の内容

・育児を手伝うという言葉に潜む無責任さとは何か

・旦那さんが主体的(自分がメイン)に育児を行う事の大事さ

こんにちは、ふくすけです!

皆さんは、

旦那さんが「育児を手伝う」や「育児に協力する」

ということについて、どう考えますか?

白久間さん
白久間さん

もしかしたら多くの方は、育児を手伝ってくれるなんて良い旦那さん!

って答えるかもしれないね!

しかし、中には「育児は手伝うものではなくて、自分からするものだ!」

と快く思わない方もいらっしゃるのが現実です

そこで、僕の頭にはこんな疑問が浮かびました

育児を全くしないより良いのに、手伝う・協力するというとなぜ快く思わないのか?

この疑問について考えてみて、たどり着いたのは

「育児を手伝う」「育児に協力する」という言葉に潜む無責任さでした

今回はその無責任さについて書くとともに、旦那さんが育児を主体的(自分がメイン)に行う事の大事さを伝えられればと思います!

スポンサーリンク

「育児を手伝う」に潜む無責任さとは

早速「育児を手伝う」という事の無責任さについて書いていきます!

旦那さんが育児を手伝うと言う時、

育児のメイン担当は奥さん

ということを奥さんは言葉から汲み取ります(旦那さんは意図していないかもしれませんが)

そうした時に以下のようなことを含めて子どもに何かあると、どうしてもすべて育児メイン担当の奥さんが責任を感じることになります

  • 子どもが家で遊んでいて怪我をした
  • 子どもの体重が減るなど健康的問題が発生した
  • 子どもの発育が遅れた…….等

冷静に見ると、育児をしていく上で仕方ないことばかりかもしれませんが、

奥さんは育児のメイン担当として、子どもの命と子どもの未来という大きな責任を負っています

それにどんな影響があるか分からないものに関しては大きなストレスを感じてしまいます

旦那さんは「育児を手伝う」というその言葉・立場によって、その大きな責任とストレスを奥さん一人に負わせている

そういった点で、無責任さが潜んでいると考えられます!

白久間さん
白久間さん

そこで、旦那さんが落ち込んでいる奥さんに「大したことじゃないから気にしなくていいんじゃない?」なんて声をかけたら、責任を押し付けておいて何言ってんだって怒られちゃうよ!

スポンサーリンク

責任を一人で負わせることのリスク

これまでは普通に暮らしていた奥さんが出産を機に一人の命と未来という責任を負うことになるリスクはかなり大きいです

奥さん一人に責任を負わせるリスク

出産後に10人に1人は産後うつを発症する(原因はストレスとホルモンバランスによると言われている)

そして、国立成育医療研究センターが2018年に発表した資料によると、出産した女性の産後一年間で約100人が「自殺」で命を落としている

白久間さん
白久間さん

ストレスだけが原因ではないけど、旦那さんが一緒に責任を負ってくれているという事で救える命があるかもしれないよね!

スポンサーリンク

旦那さんの言い分と主体的に育児を行う事の大事さ

「とは言っても、僕は平日仕事だし奥さんがメインで育児するのは仕方ないんじゃない?」

というのが、旦那さんの言い分としてあると思います!

分かります!確かに時間的には奥さんが多く育児に関わることが多いでしょう!

でも重要なのは時間ではありません!

あくまでも、旦那さんが主体(メイン)という立場で育児に参加することが大事です!

白久間さん
白久間さん

主体的に?具体的にはどうしたらいいの?

例えば

※前提としては、子どもの今の状態を出来る限り分かっておきましょう!

今の月齢・1ヶ月先の月齢で起こるであろう問題やしなければいけないこと(予防接種など)を事前に調べておいて、対策について奥さんに相談を持ちかけるなど、奥さんから言われる前に自分で調べたり行動する!

奥さんから言われる前にというのが重要ですね!

奥さんがしていることを真似してするだけだと、あまり効果がないから注意してくださいね!

白久間さん
白久間さん

もう既にかなりの期間、奥さんに任せっきりになっている人も

奥さんから「今さら」と言われるかもしれませんが、それでも頑張って主体的にやりましょう!

そうやって、育児についての責任を夫婦で分かち合えるようになったら、

奥さんの育児によるストレスも減って、素敵な家庭への第一歩となること間違いなしです!

スポンサーリンク

育児を手伝うという立場をやめて素敵な家庭を!

本記事の内容

・育児を手伝うという言葉に潜む無責任さとは何か

・旦那さんが主体的(自分がメイン)に育児を行う事の大事さ

今回は少し暗めな内容について書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

僕が育児をしている中で、周りから手伝っていて偉いと言われることに違和感を感じて書いてみました!

白久間さん
白久間さん

是非参考にして、素敵な家庭を作ってくださいね!

最後まで読んでくれてありがとう!またねぃ!

本ブログでは、今回のような暗い話だけでなく、子育てに役立つような話題も沢山あるのでぜひ他の記事も読んでみてください!

子育て世帯の「決断疲れ」を解消するサービス

おもちゃのサブスク6社比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました