【嘘みたいに喜ばれる】育児疲れしたママに「1人時間」というプレゼント

スポンサーリンク
夫婦・家族

こんにちは、皆さん!ふくすけです!

毎日育児をされてるママさん達、最近1人になれたのはいつですか?

パパさん達、最近ママさんを1人に出来ていますか?

ママさんを1人にしてあげたのに喜ばれなかった経験がありませんか?

ということで、今回の話題は

育児疲れしたママへプレゼントするには「1人時間」が1番!!

という内容です!

何故そう言えるのかの理由や本当の1人時間とは何か?なんてことも書いていきますので、よろしければ最後まで読んでみてください!

最後まで読んでいただければ、「1人時間」のプレゼントの重要性やプレゼントの仕方が分かると思います!

本記事はこんな人にオススメ!

・最近育児で「1人時間」が取れていないママさん

・最近奥様に「1人時間」取らせてあげられていないパパさん・取らせてあげたのに喜んでもらえなかったパパさん

・「1人時間」の重要さがいまいちわからない方

子どもが生まれる前から奥さんを気遣うパパさんは素敵ですよ!

スポンサーリンク

何故「1人時間」が重要なのか?

世のママさん達は妊娠中から産後しばらくの間、という長い期間のほとんどを子どもと過ごすことになります!

長い方ならばおよそ2年間はほぼ常に子どもと一緒の生活です!

妊娠中ならば

コケないように、無理しないように、気持ち悪いのに体調を意識しながら、集中して過ごさなければいけません。

そして産後は

言葉が通じない、大声で泣く、注意しておかないと命が危ない、そんな未知の生き物である子どもと過ごさなければいけません!

そんな生活を2年間、、、

かなりのストレスがかかることが想像されます!

そんな時に、誰にも気を使わずに済む「1人時間」を取ること、取らせてあげることが非常に重要になります!

表面上は大丈夫そうであっても、ほとんどのママさんが「1人時間」を求めていると思ってもいいと思います!

スポンサーリンク

「1人時間」の種類

僕が個人的に思う「1人時間」には二種類あるので、ここで紹介をしたいと思います!

我が家で過ごす「1人時間」

まずは、最も心が落ち着くであろう

我が家で過ごす「1人時間」

です!

妊娠中からママさんは本当に、家で1人になることがありません!

本来、家が最も休まる場であるはずなのに、そうではなくなっているのです!

そこで、パパさんの出番です!

子どもを連れて、外に1時間でも2時間でも連れて出て行ってあげてください!

きっと、ママさんは家で1人になり、のんびり過ごせることだと思います!

趣味をするなり、寝るなり、ゆっくり家事をするなり

思うままに我が家での1人時間を過ごさせてあげましょう!

外で過ごす「1人時間」

二つ目は

外で過ごす「1人時間」

です!

家で過ごすのとあまり変わりないのでは?と思ったパパさん達!

全然違いますよ!

本当はママさん達も、ショッピングや美容室に行ってゆっくり時間を過ごしたいと思っています!

また、友人と子供を連れずにランチしてお話なんていうこと、確実にしたいはずです!

家でゆっくり過ごすのとはまた別の楽しみ方があるんです!

家での「1人時間」と外での「1人時間」両方とも取ってあげたいですね!

スポンサーリンク

本当の「1人時間」とは?

さて、ここで

本当の「1人時間」

について考えていきたいと思います!

どういうことかわからない方もいらっしゃるかと思いますので、結論から書きます!

僕が個人的に考える、本当の「1人時間」とは

家事や子どものことを考えずに自由に過ごせる時間

のことです!

例えば、パパさんが子どもを家で預かって、ママさんを美容室に送り出したとしましょう。

でも、ママさんの頭の中が、

帰った時家の中がグチャグチャだったらどうしよう?

とか

子どもがずっと泣きっぱなしだったらどうしよう?

なんていう心配事ばかりだと、本当の意味での「1人時間」とは言えないのではないかと思います!

それだと、単に子どもから離れただけですよね?

本来の目的である、ストレス解消にならない可能性があります!

本当の「1人時間」にするには?

パパさんがママさんに本当の「1人時間」を取らせてあげるためには、やはり

普段から育児や家事を積極的に行うこと

これに尽きると思います!

自分が何も考える必要は無い!というくらい安心出来る程度に育児や家事ができる信頼を勝ち得ていれば、

本当の「1人時間」を奥様にプレゼント出来るのではないかと考えています!

結局、普段の行いが一番大事ということですね!

スポンサーリンク

終わりに

いかがだったでしょうか?

もしかしたら、1人時間をママさんにプレゼントしたのに喜ばれなかったパパさんもいるかもしれませんが、本記事を読めば少し理由が分かったかもしれませんね!

また、「1人時間」を欲しいと思うことは自然なことと思いますので、ママの皆さん、積極的に提案してみましょう!

世のママさんのストレスが少しでも少なくなりますように!

また、産前・産後に夫がすべき行動についてまとめた記事もありますので、興味があったら読んでみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

そんじゃあ、またねぃ!

共働きなのに家事をしない旦那さんや旦那さんにお困りの方へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました